新型コロナウイルス感染症が中国武漢で発生して以来、3年目に入りました。第6波のオミクロン株がようやく減少に転じ、新たな段階に入りましたが、予断を許さない厳しい状況は続いています。OCCでは講座・各種イベントの感染対策、参加人数の制限を行いながら対応しています。創立当初から企業などの経済的バックボーンを持たず、社会状況に左右されない自由で闊達な市民の学び場を維持、継続しています。その運営は会員、参加者各位の参加費が主体となっており、行動自粛による経済状況はより深刻化し、依然として存続の危機に立っています。皆様のご理解とご協力のもとに、この度の危機を乗り越えていくことを切に願っています。 皆様ご自身の諸状況をお察ししつつも、ご協力を心からお願い申し上げます。末筆ではございますが、ご健勝を心より祈念しております。                     OCC後援会会長代理 岡本久典

NPO法人国際生涯学習文化センター

ご挨拶

知らないということが、紛争や貧困を生み、人々の不幸の原因になっています。

“学びは平和への第一歩”です。

1968年設立当初より、私たちはこの言葉をモットーに、世代や国境を越え、いつでも、どこでも、誰でもが生涯楽しく学び、学びながら楽しむことの大切さを伝える活動をしています。

そして、その一環として、講演会(楽問塾)や国際交流イベント、アウトドアイベントを開催しています。

NPO法人国際生涯学習文化センター/OCC大阪市民大学センター

ミッション

この法人は、市民の生涯学習に対する自発的意欲と行動に基づき、国際的な視野に立って、その活動を支援・促進する事業を行なう。

あわせて地域、国また世代を越えた幅広い人的交流に関する事業等を行ない、よって相互の文化理解、保護そして新文化創造の助成を図り、新時代にふさわしい自立と共生の精神を育み、地域、日本、世界の平和維持発展に寄与することを目的とする。

そのモット-は“学&楽”とする。


NPO法人国際生涯学習文化センター06-6764-1282受付時間 9:00 - 20:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

アクセス

PAGE TOP
MENU